FC2ブログ

江戸東京博物館へ

34

江戸東京博物館の常設展示室がリニューアルオープンしたので出かけた。

特別展には来ているが常設展示は久々。
春休み期間でたくさんの人が出ていた。

リニューアルオープンを記念して広重の「名所江戸百景」展も行われている。
前後期に分けて全百二十枚を展示するそうだ。

お祝いの行事として賑やかに江戸の伝統芸能 神楽(?)も演じられていた。
今日が最終日との事


       3月31日 2

       3月31日 13

       3月31日 20

今回、「江戸から東京へ」というコーナーが新たに作られて、勝海舟の視点から幕末・維新を読み解く。
「現代の東京」コーナーも新設された。


ゆっくりと時間を掛けて見学した。

遅い昼食を取ってから回向院へ

鼠小僧の墓の台座に猫が一匹昼寝をしていた。


       回向院6
       回向院5

鼠の墓に猫 思わず笑ってしまった。
でも、墓の隣になんと、猫塚が・・・

       
       回向院7

猫と鼠は切っても切れない間柄なのかな・・・

        写真をクリックしてアルバムもご覧ください。



桜 満開 !

3月30日 6

洗足池の桜 桜山もほぼ満開になった。

       3月30日 4

       3月30日 8

       3月30日 10

       3月30日 14

       3月30日 13

空気までが桜色になったようだ。
たくさんのボートも出ている。

ところで 洗足池のお玉じゃくし 
次つぎと卵が孵化して小さなおたじゃくしが泳ぎ回っているのは観るのだけれど、大きくなって足が生えてきたものを全く見かけない。
どうしてなんでしょうか?

穏やかな自然環境と見えるが、お玉じゃくしにとって厳しい環境なのでしょうか。

洗足池でもお花見

3月28日 3

図書館の帰りに洗足池の桜を見に行った。
桜山はまだ2~3分咲きですが、池の傍の桜は6~7分咲きでしょうか。
露店がでてたくさんの人で賑わっていました。


       3月28日 1

       3月28日 4

       3月28日 7

       3月28日 8

       3月28日 9
       3月28日 5
       こんな桜もありました

3月28日 2
      
       清水窪からの流れの側で                       

お花見に

       3月27日東博1

昨日 東京国立博物館へ行って来ました。

東博は桜の季節に因んだ展示と春の庭園開放が行われています。

国宝室では狩野長信筆の花下遊楽図屏風が、7室では渡辺始興筆 吉野山図屏風・俵屋宗達筆 桜山吹図屏風など。
その他の部屋も桜をモチーフにした作品の展示が行われていました。

五か所のポイントでスタンプを押すと缶バッジがもらえる「さくらスタンプラリー」もあり、私もバッジを頂きました


       カット
庭園の桜は種類も多く咲き始めの木から満開に近い木までさまざま・花の色も多彩です。御衣黄もあるそうですが花はまだのようです。
       3月27日東博20

       3月27日東博22

       3月27日東博25

       3月27日東博29

晴天で気温も上がったので皆さんのんびり景色を楽しんでいらっしゃいました。

上野公園もお花見の人で混雑していました。
宴会を始めている人達も・・・


       3月27日東博35

私も思いがけなくお花見を楽しみました。
        写真をクリックしてアルバムもご覧ください。

完成したものの

3月22日 ひな 1

二月から取り組んでいたお雛様、顔を描いて一応完成しましたが、女雛の顔が歪んでしまってなんだか可愛くありません。
顔を描くのはとても難しい。

修正できればいいのですが。

もう一度 来年の3月3日に向けてチャレンジするするか、悩ましいところです。

桜の開花宣言がありました

3月23日 桜2

今日 東京の桜の開花宣言がありました。

洗足池の桜は・・・と桜山へ行ってみました。

ほとんどの桜はまだつぼみだけでしたが、一本だけ花を付けている木を見つけました。

公園では仮設トイレ・照明の設置・樹木の保護ためのロープの設置など、お花見の準備が着々と進められていました。


       3月23日 スミレ 2
            スミレ

       3月23日 コブシ 1
            コブシ

       3月23日

桜山ではコブシが満開・足元でスミレも咲いています。

次の土曜・日曜は露店も出て賑やかでしょう。

一気に春がやって来る。
もう、来週は四月ですものネ
              

久しぶりに ゴンタ

3月17日 3
 
このところゴンタ写真を載せなかったので・・・
       3月6日 4

       3月6日 2

       3月6日 1

       陽だまり16

       陽だまり18

先日 我が家でご近所の方とお茶をしたとき、珍しくゴンタが皆さんの様子を観察に現れた。

皆さん一斉に「このこ メタボじゃない…」

4月に予防接種の為に獣医さんに連れていったらまた叱られそうです。

飼い主に似て太る体質なのかな?

またまた洗足池

ここ2~3日 スギ花粉のせいなのか、気温変化に体がついていけないのか、だるくてだるくて・・・
何もする気になれないのですが、散歩を兼ねて買い物に出かけた。
いつもの洗足池へ

歩くと汗ばむほどの気温


       3月17日ネコヤナギ 2
       ねこやなぎの花

       3月17日 シャガ
       シャガ

       3月17日トカゲ 1
       トカゲ

水生植物園でシャガが早くも咲いているのを見つけ、写真を撮ろうと近づくと近くの石の上に3匹のトカゲを見つけました。
余りの暖かさに日向ぼっこにやって来たのでしょうか。


     3月17日柳 2
     ヤナギの新芽

     3月17日桃 
     モモ

千束八幡神社前のモモも満開です。

公園には元気に遊ぶこどもたちとママたちの姿が増えました。
私もなんだか元気をもらって帰りました。


       3月17日 ゆりかもめ 1




鳳凰閣を観て来ました

       3月14日 鳳凰閣 1

大田図書館 主催の洗足池周辺史跡を巡る『鳳凰閣(旧清明文庫)一般公開』に参加しました。

大田・品川まちめぐりガイドの会の方々の案内で洗足池周辺の勝海舟ゆかりの史跡を中心にあるきました。

散歩で良く歩く所ですが、知らないことが多いのに気付かされました。

特に鳳凰閣は外観は見ていますが、今回初て内部を見学しました。


       鳳凰閣 3

この建物が建つ土地は、勝海舟の遺族が海舟の別邸「洗足軒」の移転地として寄贈したものとの事。

       鳳凰閣 33

       鳳凰閣 15

       鳳凰閣 10

国登録文化財で昭和初期の会館建築の一つとして、貴重な建築物とのこと。

3年後には海舟の記念館として公開される計画とのことです。
どんな風になるのか楽しみです。


洗足池も弁天島は昭和9年に今の北千束駅を作る際の残土を運んで作られた。
公園の一画には遊園地もあったとか。
年に一度池の水を抜いて清掃し池の鯉を販売したとのこと等々本当に興味深い話お聞きすることが出来ました。
洗足池に流れ込む水も今は清水窪からのものだけとか。
清水窪を一度たずねてみたいと思う。


  よかったら、写真をクッリクしてアルバムを見てください。






今月も文楽

3月11日文楽 4

今日 文楽の地方公演が大田区民プラザであった。
私は夜の部の『菅原伝授手習鑑』の寺入りと寺子屋の段・『釣女』を観た。

その前に今回は文楽入門講座にも参加できた。
人形使いの桐竹勘十郎さんが今回使われた『菅原伝授手習鑑』の松王丸と『曽根崎心中』の天満屋お初の人形を持って来られて話をしてくださった。
人形の説明・三人使いの実演をしてくださった。

主使いの頭の動かし方・右手の動き・人形の視線と動作など今まで知らなかったことばかり。

足使いの若くて体格のよい青年の顔からたちまち汗が流れて、その大変さが想像出来る。
身体を捻りながらの中腰が1時間も続くこともあるとか
私には5分ともたないと思う。

左手使いは主使いが人形を動かす合図を見逃さないよう一瞬たりとも気が抜けないとのこと。
観客には分からない(一番前の席でしたが良く分かりませんでした)ほど微妙な合図・・・

三十分ほどのお話でしたが、充実して楽しかった。
最後に勇気のある女性が呼びかけに答えて舞台に上がり、主使いを体験された。


3月11日文楽 6

3月11日文楽 5

入門講座では写真は撮れなかったが、劇場のロビーで写真を撮らせてくれるコーナーがあり近くで撮ることが出来ました。

入門講座を聞いたお蔭でより一層舞台を楽しむことができた。