FC2ブログ

新潟県津南へ

津南 13

新潟のニュー・グリンピア津南へ行ってきました。
バスで片道約5時間
「山菜を楽しむ夕べ」というのに参加しました。


津南 1 津南 5

姫たけのこのオーブン焼き、タラの芽・ニセアカシアや藤の花・こごみなどの天麩羅、各種の山菜料理、山菜を使ったピザやキッシュなど料理と津南のお酒を堪能しました。

山菜はホテルの裏のゲレンデなどでたくさん収穫された方たちもおられましたが、私と夫は急斜面に怖気づき、比較的平らな所で蕗と蕨を少し取って満足しました。

津南へはこれまで秋に2~3度訪れ紅葉を楽しみました。

今回は山菜だけでなくホテルの周辺で色々な花に出会いました。
30日は30度近い気温でしたが、まだ少し雪が残っている所もあり、思いがけず水芭蕉も咲いていました。
ニセアカシア・ナナカマド・ツツジのほか名前のわからないたくさんの花を楽しみました。
名前が分かればもっと楽しみが増したとおもいます。植物図鑑が必要だな~


津南2 津南 3
津南 4 津南 7
津南 8 津南 9
津南 10 津南 12

津南ではこれからホタル・向日葵・冬にはスノーシュートレッキングなど色々なことが楽しめるそうだ。
機会を見つけてまた出かけたい!







続きを読む

泰山木

5月29日 4

六中の校庭の隅にある泰山木に花が咲いた。

私の好きな花のひとつ。
もうそろそろかな~と傍を通るたびに見上げていたが、見つけて嬉しくなった。

図書館前の道路からカメラを向けたが高いところに花をつけるので難しい。


          5月29日 3

この花が咲くとそろそろ梅雨だな~と毎年思う。

          5月26日

このところの暑さについていけず、食欲不振でおとなしいゴンタです。



ラッキー!

5月28日 1

今日午前中 洗足池のヒツジグサの上にクロイトトンボを見つけました。
大きさは3㎝位・4月中旬から10月初旬まで日本全国の池の傍や林でごく普通に見かけられるとのこと。

私はネットで調べて初めて知りました。


5月28日 4 5月28日 7

5月28日 6 5月28日 9

水生植物園ではシオカラトンボが3~4匹飛んでいるのを見かけました。

ただ、ぼんやり散歩していた時にはきが付かなかった自然の変化に気がつくようになったのは、カメラを手にするようになってからです。

今までそこにあっても気がつかなかった事に気がついた時は得した気分で嬉しくなります。

今日はトンボを2種類も見つけて
ラッキー!



 


蝶2題

今日午前中にタペストリーを完成させました。

昨年の今頃も蝶のデザインで描いていたのを思い出しました。


蝶のタペストリー 1 蝶のタペストリー 2

14 09 傘(蝶)001 14 09 傘(蝶)003

昨年はグレーの傘に蝶を描きました。
まだ1度も使っていないので、雨が降ったら早速傘を差して出かけよう。

今日も真夏のような暑さですが、梅雨入りも間もなくでしょうか。





暑い一日でした。

今日午前中 病院を2軒周りました。
両方の病院で、水分補給をしっかりするように注意を受けました。

その行き帰りに可愛い花を見つけました


5月26日 3 5月26日 4

5月26日 5 5月26日松山公園

何れも名前は分かりませんが、小さくて雑草とは思えない可愛さです。
花の側の茂みでは暑さを避けて猫がじっと座っていました。
ほんとに、今日は暑かった!


          蝶

蝶のタペストリー少しずつ描き始めました。
カラフルで描いていてとても楽しい。
遅くなったので、今日はここまで





洗足池春宵の響

5月25日 1

洗足池で『春宵の響』という催しがありました。

『春宵の響』は平成7年に池月橋という三連太鼓橋が竣工したのを記念して、人間国宝の寳山左衛門先生を迎えてスタートした。今年21回目とのことです。

笛・尺八・囃子・ピアノにより邦楽の古典・ピアノでドビュッシーの演奏・会場からのお題での即興演奏等々趣向がこらされていて楽しかった。

涼しい風が吹き、半月も美しい夜空に笛・尺八のねいろが響き、劇場で聴くのとはまた違った風情がありました。


5月25日 8 5月25日 3


5月25日 4 5月25日 11

はりっきて出かけたのですが、うまく写真が撮れなかった。夜 写真を撮るのが初めて・座った場所が悪かった・・と言い訳です。


蝶のタペストリー

5月24日

久しぶりに課題以外の布絵の作品に取り組むことに

古典的なデザインの蝶のタペストリーにするつもりです。
色も鮮やか明るいものにしたいと思います。

今日は下絵まで
明日から彩色にとりかかります。


          5月24日 1

これ何だか分かりますか。

洗足池の秋月橋の側の池の中のフトイの茂みに蛇がいました。
残念ながらすでに頭部は茂みに隠れて隠れてしまっていましたが、1メートル20~30位はありそうでした。

以前カワセミの卵を食べてしまうという話は聞いていましたが、洗足池で実際に蛇を見たのは初めてです。

池を泳ぐか少しの間見ていましたが、茂みからでてきませんでした。

洗足池以外の場所でも最近見かけ無くなりました。
好きではないけれど、いなくなってしまうのも・・・


5月24日 4 5月24日 5

水生植物園のそばの筏の菖蒲が咲き始めました。
紫の色が鮮やか!
布絵でもこの紫が描けたらなあ~


今日は文楽カフェへ

5月23日 4

今日は神保町で行われた文楽カフェに参加した。
ビールを頂きながら人形使いの富松清十郎さんのお話を伺った。

今回は今国立劇場で上演中の『祇園祭礼信仰記 金閣寺の段』で清十郎さんが使っている雪姫の人形と小道具・人形の着付けの為の裁縫道具・下駄等を見せて頂きながらお話を聞いた。


5月23日 1 5月23日 2
5月23日 3 5月23日 6
5月23日 5 5月23H 8
5月23日 7
人形の仕組み・着付け・小道具の工夫・人形の操作など実際に人形を使って説明して下さった。

明日・明後日とまだ公演中のお忙しい中貴重なお話を聴くことができた。

21日の毎日新聞の批評に「清十郎の雪姫が人形の被虐美をみせ・・・」とでていた。

9月の公演が楽しみ。







 

また、鳥獣戯画展へ

5月22日 1

鳥獣戯画展の後期へ行ってきました。

昨日友人から後期も大変な混雑との情報があったので、前回より少し早く出かけたつもりでしたが、平成館前は前回よりもさらに長蛇の列。

会場にたどり着き、甲巻の展示を観る為に結局2時間並びにました。

しかし不思議なことに同じ鳥獣戯画の乙・丙・丁巻は全く待ち時間なし。
ゆっくりと鑑賞出来ました。

動物たちも可愛いけれど、昔の人々も遊びが大好きだったんでしょうね。
本当に楽しそうに描かれています。

展覧会を観終わって時間があったので黒田記念館へ行きました。
洋画家 黒田清輝の遺言により昭和3年竣工されたそうです。
黒田記念室と特別室からなり黒田清輝の作品を展示しています。
今回特別室は見られませんでしたが、作品とレトロな建物が素敵でした。


5月22日 2 5月22日 3
5月22日 5 5月22日 6




スッキリ!

今日はパソコン同好会の画像例会に出席した。
昨夜の雷・風雨が嘘のような快晴、冷たい空気が気持ち良い。

先週四苦八苦した作業もS氏が作成して下さった資料のおかげでスッキリと分かる。
出てこなかったダイアログボックスも出現。
気がつかなかった一手順が!


予習したので分からない点が分かっていたおかげですかしらネ。 

         opcyuki.jpg

この写真は1度アップしたことがありますが、昨年 初めて画像例会で作成した雲文字です。

今回のルービックキューブのグラフィックも色々な立体に応用できるそうで、マスターすると楽しい作品ができるそうです。