FC2ブログ

野鳥公園へ

160331 7

160331 8


パソコン同好会の行事で大田市場と隣接する野鳥公園へ出かけました。

野鳥公園は渡り鳥はほぼ渡りが終わって、鳥の種類はすくなくなっていましたが、

キンクロハジロとハシビロガモ・オオバンそしてカワウを見ることができました。

ダイサギが悠々と餌を取る姿も・・・


160331 5

ボランティアガイドの方から植物の説明を受けながら園内を散策しました。

洗足池公園で見て不思議に思っていたヤマモモの謎がわかりました。

ヤマモモは雌雄別株で今沢山花をつけているのは雄株、雌株は目立たない小さな花を付けるとの事。

洗足池公園のヤマモモに実がならず、近くの中学校の花が咲いているようには見えないヤマモモに実が沢山なるわけがわかりました。

お話で分かった事は樹木では雌雄別株や雌雄別の花

一つの花のなかにオシベ・メシベがあるのは草の花との事。

植物の基本なのかもしれませんが、初めて教えて頂きなるほどと思いました。


160331 10
アカシデ

160331 9

160331 11

160331 2
カツラ(赤い糸のようなところが花です)

160331 18
キブシ

160331 17
トサミズキ

160331 15
ヒメオドリコソウ

160331 14
ニホンタンポポ

160331 13
ネコヤナギ

160331 12

今日であった花の一部です。

野鳥公園でたくさんの花に出会えて楽しかった(*^_^*)

流石に三日続けてのウォーキングは腰に来ます。゚(゚´Д`゚)゚。


今日も桜三昧

160330 9

今日は妹と新宿御苑へ出かけました。

うす曇りでしたが暖かくお花見日和。

新宿御苑はアルコール持ち込み禁止なので、このシーズンは持ち物検査がありました。

平日にもかかわらず、大勢の方がお花見を楽しんでいました。


160330 1

160330 2

大木戸門から入ってすぐ目についたこのサクラは”陽光”濃いピンク色で人だけでなく、ヒヨドリも沢山集まっていました。

160330 3

この花は”アメリカ”これからが見ごろのようです。

160330 4

ヒマラヤヒザクラ

160330 5

160330 6

オオシマザクラ

160330 8

ヤマザクラ

160330 10

シダレザクラ

160330 7

この花はリキュウバイ(利休梅)

まだまだ蕾が硬そうな桜もあって次々と楽しめそうですね。

園内が広すぎて見落とした花や疲れてしまって断念した場所もありましたが、十分桜を堪能しました。

サクラって本当に春がきたことを実感させてくれる花ですね。


春季皇居乾通り一般公開へ

160329 11

春季皇居乾通り一般公開へ行って来ました。

混雑を覚悟で出かけました。

空港なみの荷物チェックとボディーチェックを受け坂下門へ、開門予定の10時よりも早く開門されたのか以外にもスムーズに進むことが出来ました。

混雑してはいるものの、花を楽しみ見ながら歩くことができました。

乾通りのソメイヨシノは満開とは言えなかったが、何種類かある桜が楽しめました。


160329 2

160329 3
道灌堀

160329 6
エドヒガン

160329 9

160329 12
北桔橋から乾通りを望む

乾門を抜けて北桔橋門から東御苑に行ってみました。

こちらは桜満開でした。


160329 13
アマギヨシノ

160329 17


160329 18
ウスゲオオシマ

160329 19

160329 20

160329 21
センダイヤ(仙臺屋)

聞いたことのない名前の桜がたくさんあるものですね。

桜だけでなくシャクナゲ・レンギョウ・ボケ・タンポポ・花桃・ミツマタ等々たくさん咲いていました。

皇居の自然は貴重ですね。

荷物チェックもボディーチェックも最近の世界情勢から仕方ありませんね。

こんなことをしなくて済む世の中になって欲しいですね。

今更ながら

N160328.jpg

今月は布絵の先生のご都合で布絵の会はお休み

最近 布絵を怠けてしまって”猫と布絵と”のブログタイトルがお恥ずかしい状態が続いている。

この写真も大分前の作品

うん~ん これはまづい!

決して時間が無い訳ではない。


G160328 1

G160328 2

ゴンタと一緒に寝転んでいる時間が多いのだ!

四月から時間を有効に使えるように、早寝して体調を整えよう!

と、今更ながら思う。

やりたい事、しなければならない事(どちらかと言えば、こちらが多い)にいつまでも気が付かないふりは出来ないですものね。

馬込文士村MUSEUMコースに参加しました

160327 1

馬込文士村ガイドの会の方々の案内で馬込文士村と「川端龍子記念館」・馬込桜並木・郷土博物館のコースを歩きました。

山王から馬込は住宅地で坂や谷が多く初めてでは地図をみても分かりずらい場所。

「川端龍子記念館」は行きたいと思いながら中々出かけられない場所でした。

今回龍子のアトリエと自宅も拝見できました。


160327 6

160327 8

160327 4

160327 7

160327 9

龍子は龍に対する思い入れが強く、自宅やアトリエに龍を思わせる意匠を垣根の太い竹などで表現しているとの事です。

今ではこのような太い竹は手に入れることが困難との事です。


160327 10

桜はまだまだという感じでしたが、桜並木ではお花見が始まっていました。

来週の日曜日は馬込桜まつりで一層賑やかだそうです。

お天気にも恵まれて楽しいウォーキングが出来ました。

馬込文士村の地域も古い趣のある家が取り壊され新しい建物に建て替えられて様変わりしているとの事。

残念ですが仕方のないことなのかもしれません。

公園にソースの匂いが・・・

160326 4

午前中は曇り空で急に霰が降ったりと変な天気だったが午後からは青空に。

家族はそれぞれ温泉旅行にドライブにと出かけて行った。

私は洗足池散歩・・・


160326 5

160326 6

このサクラのように満開の樹もあったが、まだまだポツポツ咲いただけの樹が大半。

露店のお好み焼き屋のソースの匂いが漂って、花はなくてもお花見の賑わいが始まっていた。

洗足池公園は宴会が出来る場所が以前より限られてしまったので、散歩をしながら花を楽しむ場所に変化していくのかな。

ヒヨドリが蜜を吸ったあと一輪花をくわえて飛んで行きました。

誰かにプレゼントするのかな
(*´v`)

160326 1

160326 2

160326 3

水の中でも・・・

160325 5

ハナニラがアチコチで咲いています。

日差しを浴びるとパット開いてかわいいですね。


160325 3

洗足池を覗いて見みました。

浅い池の底にコウホネの葉と蕾らしきものが見えます。

水の中でも春の活動が始まっているんですね~


160325 4

ヒツジグサの葉っぱの間をオタマジャクシが泳いでいます。

少し水が濁っていたのでこんな写真になってしまいました


160325 1

イヌシデの雄花。

これから長い房のように咲きます。

植物には名前に「イヌ」とつくのもがたくさんあります。

イヌタデ・イヌガヤ・イヌガラシ・イヌツゲ・イヌマキ・イヌホオズキ等々

植物で『イヌ』とは役に立たないという意味合いがあるそうです。

イヌシデは昔薪炭の材料として使われていたそうです。

どうして『イヌ』なんてついたんでしょうね

花冷え

160324 5

文字通りの花冷え

クリーニングに出そうと片付けたコートをまた出して着てしまいました。

この寒さ2~3日続くそうです。


160323 12

コゴメヤナギの花です。

池に張り出した枝で、黄緑色の花が風になびいています。

そこだけ一際明るく感じます。


160323 7

こちらはシキミの花です。

春はチョット見ると新芽かと思えるような色の花も沢山咲いていますね。


160324 2

160324 4

160324 3

今日出会った鳥たちです。

スモモの樹にはメジロがたくさんやって来ましたが、なかなか写真の撮りやすい枝に止まってくれません(^∇^)




思いがけないお花見

160323 5

所用で多摩川の近くまで出かけたので土手の桜が咲いたか行ってみた。

残念ながら桜は開花までもう少し時間がありそう。

私にとっては意外な花が満開で嬉しくなった。

以前ここでは全くこんな光景は見られなかった。


160323 4

160323 2

160323 3

種子を蒔いて栽培したのだろうか、自生したとは思えないほど見事。

この花の名前「ハナダイコン」と思い込んでいたが、ムラサキハナナもしくはオオアラセイトウというのだろうか?

ネットで調べたが判断がつかない。

それにしても、思いがけないお花見が出来ました。


おまけの1枚

160323 1

途中の公園で咲いていました。

珍しいことに・・・

160322 1

今日はどおしたことか、ゴンタが膝に座りたっがて降ろしても降ろしてもやって来る。

最近では珍しいことだ。

頭をグイグイと腕に押しつけてくる。

可愛いな~と感じる時だ。

ずっしりとした重みを膝に感じる。

この重みに安心感を感じる。

ゴンタがいるだけで何だか、ホンワカ・・・
(*^_^*)