FC2ブログ

「堀越保二 野鳥と自然をみつめて」へ

先日大田区立郷土博物館で開催されている

「堀越保二 野鳥と自然をみつめて」展へ行ってきました。

DSC_6397 (2)

堀越保二氏は東京藝術大学名誉教授の日本画家で

大田区の海辺の町で少年時代を過ごされた方だそうです。

「東京港野鳥公園」が作られたきっかけとなった市民運動の立役者で

身近な自然環境の変化を考える活動と絵画制作の共存を実践してきた方だそうです。

作品の数は多くありませんでしたが、穏やかな親しみやすい作品でした。

ただ、残念なのは大きな作品の真ん中に展示のガラスケースの継ぎ目があること。

美術館ではないので仕方がないことなのでしょうか。

野鳥公園にも出かけたくなりました。

(記事は展覧会のチラシを参考にさせていただきました)