FC2ブログ

映画を観て来ました

映画

神保町の岩波ホールでポーランド映画の「幸せのありか」を観て来ました。
2013年に数々の映画祭で観客賞を取った作品だそうです。

「実話から生まれた奇跡と感動の物語。」と言うことです
知的障害と言われ、重度の身体障害があるため、家族とのコミュニケーションもままならないマテウシュが子どもから青年へとさまざまな経験を通して成長してゆく姿を描いている。

マテウシュを演じたダヴィト・オグロドニクの演技が素晴らしかった。

大変なハンディキャップがありながら生きたいという強い意志をもっている。
自分の意思を表現しようする努力・・・
観終わって少しも暗さを感じず、むしろ力強さを感じた。


今年 初めての映画はとても静かな作品でした。



コメント

非公開コメント