FC2ブログ

ゴンタが糖尿病に

17042502.jpg

ゴンタは今月に入ってから水をたくさん飲み、たくさんおしっこするようになりました。

膀胱炎の治療食とサプリメントを摂っているので、その影響かと当初は思いましたが

やはり気になって今日病院へ

血糖値が異常に上がっていました。

猫の糖尿病は気が付きにくいとの事ですが、でももっと早く気がつかなかったかと・・・

17042503.jpg

治療もかなり難しいとのこと

インシュリンのコントロールが難しくて途中でギブアップされる飼い主さんが多いとのこと。

17042505.jpg

色々考え、暫くは治療食で様子を見ることにしました。

一日二回のインシュリン注射・血糖値測定の為の採血

低血糖症状の対応とうとう考えると、ゴンタにとって長期間苦痛に耐えて長生きすることが幸せなのか・・・

私には厳しい判断

皆さん どう思われますか?

17042501.jpg

17042506.jpg

現在のゴンタは少々痩せましたが、食欲もあり元気に見えます。

食事療法が有効でありますように・・・

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

はる様

コメントありがとうございます。

ゴンタのために何が正しい選択なのか
揺れ動いています。

実は 今日 獣医さんからもお電話を頂き

インシュリン投与するならばいつでも連絡するようにと・・・

取りあえず1週間後 食事療法で少しでも改善が見られるか
様子を見てから考えることにしました。

親身なコメントを頂きホントに感謝です。

セカンドオピニオンの事も考えてみるつもりです。

ありがとうございました。

ゴンタのことを考えると 涙です。








> こんにちは。初めまして。「*あめ*のひとりごと」のはると申します。
> ゴンタちゃんの糖尿病・・びっくりと同時に何か糖尿病の対策は無いか・・と今「ねこのきもち」の本を引っ張ってきました。
>
> 既にいろいろと調べられてご存知かと思いますが、載っている事を書きますね。
>
> 『一度かかると長いお付き合いになる病気』というコーナーに書いてありました。
>
> ●糖尿病とどう付き合う?
> 「厳重なカロリー制限と飼い主さんによる毎日のインスリン注射で症状を落ち着かせます」
>
> 「療法食のみをきちんと図って与えることで、しっかりとカロリー制限をします。同時に、主治医の指導のもと、飼い主さんが毎日インスリンを注射器で投与すると、症状を落ち着かせることができます。これを毎日続けないと、血中にケトン体という有害物質が混ざった状態(ケトアシドーシス)になり、猫は昏睡状態に陥る事も。こうなると、緊急治療が必要になります」
>
> ●予防法は?
> 「肥満が関係しているケースも少なくないことから、適正体重を維持することが大切です。また、ストレスも関係していることから、ストレスの少ない環境づくりを心がけて。」
>
> とありました。
>
>
>
> 猫さんとの関わり方は皆さんそれぞれ考え方があるかと思います。
> でも、まだ諦めるには早いと思いますし、今出来る事は出来るところまで頑張ってみるのも、my33031aさんが後々、後悔しないのではないかな・・とも思いました。
>
> 生き物は強いです。
> ゴンタちゃんも頑張ってますので、my33031aさんもゴンタちゃんを支えて、ゴンタちゃんが少しでも長く健やかに過ごせる事を優先するのはいかがでしょうか・・。
>
> もし、今の病院で不安があるのでしたら、
> 猫に特化した病院もありますので、セカンドオピニオンとして
> そちらで診てもらうのも一つかな・・と思いました。
>
>
> my33031aさんは洗足池のお近くとの事なので、大田区でしょうか。
> ●西馬込動物病院
> ●杉山犬猫病院
> ●あやべ動物病院
>
> この3か所は大田区の「ネコの良い病院200病院リスト」に掲載されている病院です。
> HPもあるみたいです。
>
>
> 突然差し出がましい事をしてすみません。
> 何か出来る事は無いか・・と考えてつい書いてしまいました。